人気ブログランキング |

先日、京都駅の新幹線ホームで「これはナイス!」という旅行ツアーのポスターを見ました。
(写真撮ってこなかったのが悔やまれる…)

JR東海ツアーズが出しているツアーで、新大阪・京都から出発して、東京・神奈川に宿泊できるもの。
往復新幹線代金(のぞみ利用)とホテル代がコミコミになっている。
ここまでだと普通のツアーだけど、なんとプラスして上野にある13の博物館常設展等に各1回入れるチケットがついている!
そして特別展のチケットも1枚ついている!
その名も【「東京上野文化めぐりプラン~「上野ウェルカムパスポート」+「特別展チケット」付き」】。

これ、すごくお得。
と当時に、ツアーの目的を博物館をめぐることにしぼっているところがスバラシイー。
嬉しくなってしまいました。

ちなみに、13施設は以下の通り。
●東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館、 上野動物園、旧岩崎邸庭園、東京都美術館、 下町風俗資料館、朝倉彫塑館、上野東照宮、 書道博物館、旧東京音楽学校奏楽堂、 上野の森美術館、東京藝術大学大学美術館
そして、特別展チケットは以下の5施設の中から好きな特別展を1つ選べる。
●東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館、 東京都美術館、東京藝術大学大学美術館

(め)は実家が東京なのでホテルはなくてもいいのですが、ここはあえて素敵なホテルを予約して
普段とはちがった気分で上野のミュージアムに浸りたい…とうっとり妄想しています。
あと、13施設に入れるチケットがついていることで、いつもは行かない博物館も「行ってみよう」という気になれるので
そういう意味でもとても楽しそうです。

詳しくはこちらのPDFをどうぞ!
(なんでPDF…と思うかもですが。これがいちばん分かりやすかった)
https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000039498.pdf


by musume2016 | 2019-05-19 00:41 | 博物館を楽しむヒント | Comments(0)

2月は博物館関係の研修会、勉強会にいろいろ参加した(め)です。
そこで「こんなミュージアムがあったらいいな」というテーマでグループトークする時間ががありました。
たまたま一緒のグループになったみなさんの話を聞いたり話したりするうちに
「理想のミュージアム=理想の社会、なんじゃないか」
と思いました。
例えば
・学びたい時に学びたいことを学べる
・自分らしくすごせる
・誰でもアクセスしやすい
・世代をこえて交流できる
などなど。

すこし話は飛びますが、「博物館は何のためにあるのか」という答えの先に
「人は幸せになるために生きている」という大きな命題があるように思います。
その命題に向かう幸せを見つけられる場所として、
また命題に向かう過程で出会う問題解決のための装置として、
博物館はあるのだと思います。

幸せを見つけられる場所として」というのは、博物館はいろいろなテーマを扱っているので
きっと自分に合う、好きな世界が見つかると思います。
そしてそこには、同じ「好き」な気持ちを共有できる人がきっと見つかります。
研究者や専門家(その道のプロ)がいます。
そういう場があり、人に出会えたら、豊かな人生になると思います。

「問題解決のための装置」というのは、博物館が
・誰でもアクセスしやすくするには?
(最近話題の社会的包括にも通じる)
・世代をこえて交流する場になるには?
などの議論の場になったらいいと思います。
すぐに答えが出るようなことでなくても、話し合ったり考え合ったり工夫したり、そういう道のりの場であることが大切だと思います。

ここに書いたようなこと、欧米の博物館ははっきりしっかり自覚している気がします。
そう感じるのは、博物館と社会や博物館と地域がしっかり結びついている印象があることと、
利用者自身も「ここは自分の場所」と思ってること、そして博物館スタッフの意識の高さを感じるから。
そして日本の博物館は、まだあまり意識していないとも思っています。
ここを意識して博物館側が声を上げたら、入館者数だけで博物館の価値をはかられる時代が終わる気がしています。



by musume2016 | 2019-02-18 01:10 | 博物館を楽しむヒント | Comments(0)

ちょっと気持ちがもやもやしている(め)です。

「博物館」「楽しい」「学び」
よくセットで見るキーワードだけど、「博物館で楽しい」ってどういうことだろう。
それはちゃんと「学び」になってるのか?
なってたとしても、どういう学び?
博物館だからこそできる「学び」になってる?

博物館のチラシやポスター、報告書などでこのキーワードをよく目にします。
その展示やイベントに参加できてないことが多いので、実際のところどんなだったか分からないことも多いけど、
「楽しい」は博物館でなくても体験できる種類の「楽しい」のような気がするものや、
そもそも「楽しい」は書き手側の「楽しい」であって、私の考える「楽しい」と違うかもと思うものがあります。
「学びになる」こともとても難しくて、その瞬間に「あ!」と思う人もいれば、博物館でのその体験があったからこそ数年後にじわりとわかる、という人もいます。

「博物館」で、「楽しくて」、「学びになる」という仕掛けは、実はとても高度で難しい。
そしてそれは「参加者数」という数で計れないことがとても多いというのも実感しています。
難しい上に分かりやすい評価も出ないなら、簡単に楽しいことをやったほうが博物館が生き残れる、という考え方もあるのかもしれない。
でも博物館でやる以上、博物館であることを大切にしたいし、博物館全体がそうあってほしいと思います。
自分の性格なのか「何のために何をやってるのか」を考えてしまうし、その根の部分が博物館に関わっていないとすごく気持ち悪い。
博物館から離れたところで「楽しいことだよね」と言われても、「それ博物館でやらなくていいんじゃない?」と言いたくなってしまう。

反対に、それがうまくいったときは参加した人の気持ちやこれから歩む先の方向が変わる気がしています。
私達の作っているグッズで語っているように、それこそ人生だって変わると思っています。
そういう瞬間を、きちんと作っていきたい。失敗も多いけど、でもやっぱりダサいことはしたくないんだなー。
(なぜ突然もやり投稿したかはまた別の機会に。)





by musume2016 | 2018-12-12 23:02 | 博物館を楽しむヒント | Comments(0)

博物館で「できること」

フランスにある「ケ・ブランリ美術館」のHPを見ていたら、「ここでできること(ここでのあなたの権利)」が載っていて素敵だと思った。そういえば、博物館で「してはいけないこと」(飲食とか、走り回ることとか)はよく目にするけど、「していいこと」はほとんど見ない気がする。
博物館は「してないけないところ」ではなく、「していいこと、できることろ」と思ってもらえたら、博物館を利用する人の気持ちもずいぶん違うのではないかな。
それを博物館側がちゃんと表明することが大切だと思う。
ケ・ブランリやるなぁ。このあたり、真似したい。
そしていつか行ってみたい。

ケ・ブランリ美術館

(め)
f0359911_21414512.png




by musume2016 | 2018-07-30 21:37 | 博物館を楽しむヒント | Comments(0)

チラシでほち袋

f0359911_23305990.jpg

博物館や美術館のチラシを利用してぽち袋を作るのが好きです。今日はたくさん作りました。写真左下のがぽち袋テンプレート。(め)

by musume2016 | 2018-04-15 23:32 | 博物館を楽しむヒント | Comments(0)

11月の週末は博物館に関係した楽しいイベントがいっぱいです。
ぜひお出かけください。

●いきもにあ2017
いきものに関する作品やグッズの展示販売、研究の発表など。かわいいものから、こんなマニアックなものまで?と、幅広いグッズが並んでいて、見ているだけでも楽しいです。
【日にち】11月11日(土)、12日(日)
【会場】京都市勧業館『みやこめっせ』第1展示場(地下1階)
【時間】11日:11:00~17:00 12日:10:00~16:00
詳しくはこちら→「いきもにあ2017」

●大阪自然史フェスティバル
自然関連のサークル、 地域の自然保護団体などが活動を紹介し、 交流を深め、 市民のみなさんに大阪の自然の現状や自然に関わる活動の楽しさを知っていただくイベント。
MUSUMEは、このフェスの開催に向け、ささやかですが寄付をしました。
【日にち】11月18日(土)、19日(日)
【会場】大阪市立自然史博物館
【時間】9:30~16:30
詳しくはこちら→「大阪自然史フェスティバル」

●北大阪ミュージアムメッセ
北大阪の7市3町(吹田市、箕面市、池田市、豊中市、茨木市、高槻市、摂津市、能勢町、豊能町、島本町)の美術館・博物館、計51館が、大集結します。
【日にち】11月18日(土)、19日(日)
【会場】国立民族学博物館 地下休憩所(特別展示館BF)、エントランスホール(本館1F)
【時間】10:00~16:00
詳しくはこちら→「北大阪ミュージアムメッセ」

MUSUMEの(え)と(め)も、それぞれどこかの会場でお店番しています。
そして、各ブースでMUSUMEのグッズも販売しますよ。
ちなみに11月18日(土)、19日(日)は「関西文化の日」で、常設展が無料で見られる博物館・美術館がたくさんあります。
お散歩ついでに足を延ばして、ぜひどうぞ。


by musume2016 | 2017-11-07 08:59 | 博物館を楽しむヒント | Comments(0)

2月は博物館で「サミット」が開催されます。

■日本全国のホネ好きさんが集まるお祭り
「ホネホネサミット2017」@大阪市立自然史博物館
2月11日(土祝)、12日(日)
"http://www.omnh.net/npo/hone2017/

■歴史博物館にいろんな博物館のワークショップが集合
「冬のやよいミュージアムwith小さいとこサミット」@大阪府弥生文化博物館
2月12日(日)
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/workshop/pdf/2017fuyunoyayoi.pdf

■全国のちいさい博物館のゆるやかなつながり
「第8回小さいとこサミット」@大阪府弥生文化博物館
2月13日(月)
http://chiisaitoko.web.fc2.com/PDF/dai8kai_yoko.pdf
※要申込み
→全国の小さい博物館の関係者が集まって、あれやこれや共有する年1回の交流活動の場。
MUSUMEの小さいとこ特別ショップも出ます。
新商品もここでお披露目します!

by musume2016 | 2017-02-04 02:54 | 博物館を楽しむヒント | Comments(0)

海外のミュージアムに行きたいな(でも、なかなかねー)、とか
日本にないような突き抜けたデザインのものないかしら、とか
何かいかすプレゼントを探してる、
なんて方はぜひ
海外ミュージアムのオンラインショップサイトをのぞいてみてほしいです。

■自然史系博物館が好きな方におすすめなのは、ロンドン自然史博物館(イギリス)のサイト。
恐竜グッズや昆虫・動物グッズが充実しています。
http://www.nhmshop.co.uk/

■美術館好きや、大人っぽいものを探したい人におすすめは、メトロポリタンミュージアム(アメリカ・NY)のサイト。
彫刻の置物が充実しているのがメトロポリタンらしい。自然がモチーフのアクセサリーも素敵です。

どちらのサイトも、今はクリスマスプレゼントにいかが?という特集が組まれていて、さすが海外のサイト、という感じ。
(新年になると、クリスマスグッズはセールになります)
送料はそれなりにかかりますが、友達などを誘って一緒に購入すれば負担は少ないはず。
ちなみに、アメリカとイギリスを比べたら、アメリカからの送料のほうが格段に安いです。
注文してから2~3週間で届きます。
(これまで4,5回利用していますが、いつも無事に届いています)

なんといっても、売り上げが博物館活動や教育プログラムに活用されるので、それが嬉しいところ。
買い物が博物館応援につながることが、とても素敵だと思います。

(め)

by musume2016 | 2016-12-19 23:25 | 博物館を楽しむヒント | Comments(0)

11月19日(土)、20日(日)は「関西文化の日」で、関西一円(福井・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・徳島)の美術館や博物館の常設展示が無料になる施設がたくさんです。

この機会に、気になっていたあの美術館、博物館へ行ってみませんか。
特にこの二日間は、博物館を会場にして楽しいお祭りも開かれます。

●大阪自然史フェスティバル
自然関連のサークル、 地域の自然保護団体などが活動を紹介し、 交流を深め、 市民のみなさんに大阪の自然の現状や自然に関わる活動の楽しさを知っていただくイベント。
MUSUMEは、このフェスの開催に向け、ささやかですが寄付をしました。
【会場】大阪市立自然史博物館
【時間】9:30~16:30
詳しくはこちら→「大阪自然史フェスティバル」

●北大阪ミュージアムメッセ
北大阪の7市3町(吹田市、箕面市、池田市、豊中市、茨木市、高槻市、摂津市、能勢町、豊能町、島本町)の美術館・博物館、計51館が、大集結します。
【会場】国立民族学博物館 地下休憩所(特別展示館BF)、エントランスホール(本館1F)
【時間】10:00~16:00
詳しくはこちら→「北大阪ミュージアムメッセ」

お散歩ついでに足を延ばして、ぜひどうぞ。




by musume2016 | 2016-11-06 07:33 | 博物館を楽しむヒント | Comments(0)