人気ブログランキング |

f0359911_22542763.jpg

いきもにあに一緒に行ったいとこに「これ一緒に見に行かない?」と誘われて、めっちゃウキウキで行った展覧会です。
私もいとこも共に1970年代生まれ。80年代は小学生で、まさにこんな”カワイイ”ものに囲まれて育った世代!
とっても楽しい展覧会でした。サンリオとか好きだった人にはおすすめです。
写真は展示会場に入ってすぐの様子。
このピンクの色合いといい、並んでるものたちといい、しょっぱなから気分が盛り上がるー。


f0359911_22542805.jpg

これは、当時の女の子の部屋というコンセプト。私の部屋はぜんぜんこんなんじゃなかったけど、そもそも個室じゃなかったけど、だからこそこういうの憧れたなー。この部屋にあった本(占いだったか、おまじないだったか)のシリーズも、友達と読んでた。


f0359911_22542901.jpg

f0359911_23035567.jpg

タキシードサムとかゴロピカドンとか、めっちゃなつかしい。何十年ぶりに見たけど、名前がするする出てくるもんだ。


f0359911_23054419.jpg

いとこと一緒に見ていてびっくりしたのは「あー、これ持ってたー!」というものが、だいたい同じだったこと。私たちは離れて住んでたけど(車で20分くらい)、私はちょくちょくいとこの家に遊びに行ってたし、そもそも祖母が女子の孫に、って、こういうものを買ってくれていたのだと思う。
この写真の手前の楕円っぽい消しゴム、私もいとこも「持ってた!」と盛り上がったやつ。


f0359911_22542744.jpg

f0359911_23100796.jpg

ばんそうこうとかティッシュとか、やたら集めてたな。私の父はひどい花粉症なので、幼い私は甘い香り付きのとっておきカワイイティッシュをプレゼントしたことがありますぞ。もったいなくて自分じゃ使えなかったぞ。


f0359911_22542633.jpg

真ん中の黄色×ピンクの巾着、まだ実家にある…。ってか、実家探したらいろいろ出てきそう。ばんそうこうとかティッシュとか。展示を見てて「そういえば、サンリオって買い物すると包装紙におまけの小さいおもちゃ付けてくれたよね」と、いとこ。そういえばそうだった!あの小さいおまけも集めるの好きだった。


f0359911_22542599.jpg

えー、ここに写ってるカンペンもいくつか持ってたな…。
すごいのは、これみんな個人のコレクションなんですよ!どこにどうやってしまっているんだろう!ってそんなことばっかり気になってしまった貧乏くさい私ですが、これだけきちんと取っておけるって素晴らしいです。
それと、展示されているものも素敵だけど、キャプション(説明文)の文字と使ってる言葉も注目です。手書きと思われるあの頃特有の丸文字と、「ドリーミィ」とか今では全く使わなくなってしまった単語の数々からも、胸がきゅんとなりました。


f0359911_22542631.jpg

で、そもそも手塚治虫記念館でなんでこの展示?というと、手塚治虫さんの作品「ユニコ」の本やグッズがサンリオから出ているから、それつながりで、だと思われます(私の推測)。
ユニコ大好きです。ちょっと悲しいストーリーも、絵も、ユニコのひたむきさも。


f0359911_22542754.jpg

手塚治虫記念館には、手塚治虫さんの作品がずらーりと揃っており、ここでじっくり作品を味わうのも良さそう。次に来るときはここでゆっくり過ごしたい。
企画展は2018年2月20日(火)まで。会期終了までまだまだあるので、もう一度行こうと思ってます。
この世界が好きな人同士行くと絶対楽しいと思います、おすすめ!
(め)


■手塚治虫記念館 企画展 「80’s ガーリーコレクション ~”カワイイ”は時間(とき)を超える~」
開催期間:平成29年10月27日(金曜日)から 平成30年2月20日(火曜日)
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで
休館日:毎週水曜日(ただし、1月3日は開館)・12月29日~12月31日
入館料:大人700円、中高生300円、小学生100円
手塚治虫記念館に3回来館(有料の場合に限る)すると、次の1回が無料になる3+1(スリープラスワン)ポイントカードが受付でもらえます。これはお得~。
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/index.html


by musume2016 | 2017-11-27 23:41 | 展覧会見学記録 | Comments(0)

11月の週末は博物館に関係した楽しいイベントがいっぱいです。
ぜひお出かけください。

●いきもにあ2017
いきものに関する作品やグッズの展示販売、研究の発表など。かわいいものから、こんなマニアックなものまで?と、幅広いグッズが並んでいて、見ているだけでも楽しいです。
【日にち】11月11日(土)、12日(日)
【会場】京都市勧業館『みやこめっせ』第1展示場(地下1階)
【時間】11日:11:00~17:00 12日:10:00~16:00
詳しくはこちら→「いきもにあ2017」

●大阪自然史フェスティバル
自然関連のサークル、 地域の自然保護団体などが活動を紹介し、 交流を深め、 市民のみなさんに大阪の自然の現状や自然に関わる活動の楽しさを知っていただくイベント。
MUSUMEは、このフェスの開催に向け、ささやかですが寄付をしました。
【日にち】11月18日(土)、19日(日)
【会場】大阪市立自然史博物館
【時間】9:30~16:30
詳しくはこちら→「大阪自然史フェスティバル」

●北大阪ミュージアムメッセ
北大阪の7市3町(吹田市、箕面市、池田市、豊中市、茨木市、高槻市、摂津市、能勢町、豊能町、島本町)の美術館・博物館、計51館が、大集結します。
【日にち】11月18日(土)、19日(日)
【会場】国立民族学博物館 地下休憩所(特別展示館BF)、エントランスホール(本館1F)
【時間】10:00~16:00
詳しくはこちら→「北大阪ミュージアムメッセ」

MUSUMEの(え)と(め)も、それぞれどこかの会場でお店番しています。
そして、各ブースでMUSUMEのグッズも販売しますよ。
ちなみに11月18日(土)、19日(日)は「関西文化の日」で、常設展が無料で見られる博物館・美術館がたくさんあります。
お散歩ついでに足を延ばして、ぜひどうぞ。


by musume2016 | 2017-11-07 08:59 | 博物館を楽しむヒント | Comments(0)