国立民族学博物館で非常勤職員を募集しています。




[PR]
by musume2016 | 2018-08-18 20:39 | 学芸員募集情報 | Comments(0)

f0359911_23020520.jpg

JR京都駅からすぐ、伊勢丹の7階にある、美術館「えき」KYOTOで行われている「おさるのジョージ展」に行きました。

おさるのジョージは前から知っていましたが、最近急に興味がでてグッズとかほしいなと思っていたところでした。
なぜかというと、ジョージの保護者的な立場の「黄色い帽子のおじさん」が博物館で働いてるっぽい、というのを知ったからです。
…それだけです、きっかけは(恥)。
(しかし、私すごい昔の若いころに、おさるのジョージのTシャツ着てたんだよな…)

グッズが売ってそうな街中のお店に行っては探すものの、ほとんど置いているところはありません。
しかし今回の展覧会ならばショップにたくさんグッズがあるはず!と思い、ショップが第一の目的で行きました。

が、展示もとても良かったです!
おさるのジョージが作られた背景や、作者のご夫婦のたどった人生、戦時下の中での長い旅、そこでジョージに助けられたエピソードなどなど、絵本やアニメをみるだけでは分からなかった物語に出会えました。
たまたま運よく、この展覧会を監修した山崎エマさんのギャラリートークも聞くことができました。
30分のギャラリートークはあっという間で、描かれた絵の楽しみ方など聞くことができたました。この作品や作者のご夫婦のことがとても好きなんだなぁと伝わる熱い語り。そういう方のお話を聞くのはとても楽しいです。

展示はおさるのジョージやそのほかの作品の原画が多かったです。
私は、原画を見るのが好きです。
出来上がった作品(絵本とか)だと分からないけど、原画は必要な部分だけ切ったり貼ったり、修正したり、何度も何度も文章を直したり、そういう推こうの跡が見えるところが好きです。

推こうの跡は見えますが、とにかく絵が上手!というのもよく分かりました。
作家さんに「上手」というのは適さない表現かもしれませんが、線が生き生きしていて、描かれた動物たちの表情も素敵でした。
「うわー、じょうずー!」と、素直に出てきてしまう…。

展示室内は撮影ができなかったので写真はありませんが、デパート内4か所をめぐるとうちわがもらえるイベントもやっていました。
こちらは景品無くなり次第終了なので、興味のある方はお早めに。

f0359911_23021415.jpg

入口に向かう廊下では、おさるのジョージの絵本などが並んでいました。

f0359911_23021013.jpg

今回の展示のためのオリジナルグッズもたくさん出てました。
大好きな靴下(しかもアンティパストとコラボ!)も置いていました。

f0359911_23021863.jpg
写真は購入したぬいぐるみ&図録。
ジョージは顔のタイプが2パターンあるのですが、私はクラシックタイプが好みでした。


行った日:2018年8月8日(水)
レポート:(め)

おさるのジョージ展 「ひとまねこざる」からアニメーションまで
2018年8月4日(土)~9月2日(日)












[PR]
by musume2016 | 2018-08-12 23:48 | 展覧会見学記録 | Comments(0)