人気ブログランキング |

2月は博物館関係の研修会、勉強会にいろいろ参加した(め)です。
そこで「こんなミュージアムがあったらいいな」というテーマでグループトークする時間ががありました。
たまたま一緒のグループになったみなさんの話を聞いたり話したりするうちに
「理想のミュージアム=理想の社会、なんじゃないか」
と思いました。
例えば
・学びたい時に学びたいことを学べる
・自分らしくすごせる
・誰でもアクセスしやすい
・世代をこえて交流できる
などなど。

すこし話は飛びますが、「博物館は何のためにあるのか」という答えの先に
「人は幸せになるために生きている」という大きな命題があるように思います。
その命題に向かう幸せを見つけられる場所として、
また命題に向かう過程で出会う問題解決のための装置として、
博物館はあるのだと思います。

幸せを見つけられる場所として」というのは、博物館はいろいろなテーマを扱っているので
きっと自分に合う、好きな世界が見つかると思います。
そしてそこには、同じ「好き」な気持ちを共有できる人がきっと見つかります。
研究者や専門家(その道のプロ)がいます。
そういう場があり、人に出会えたら、豊かな人生になると思います。

「問題解決のための装置」というのは、博物館が
・誰でもアクセスしやすくするには?
(最近話題の社会的包括にも通じる)
・世代をこえて交流する場になるには?
などの議論の場になったらいいと思います。
すぐに答えが出るようなことでなくても、話し合ったり考え合ったり工夫したり、そういう道のりの場であることが大切だと思います。

ここに書いたようなこと、欧米の博物館ははっきりしっかり自覚している気がします。
そう感じるのは、博物館と社会や博物館と地域がしっかり結びついている印象があることと、
利用者自身も「ここは自分の場所」と思ってること、そして博物館スタッフの意識の高さを感じるから。
そして日本の博物館は、まだあまり意識していないとも思っています。
ここを意識して博物館側が声を上げたら、入館者数だけで博物館の価値をはかられる時代が終わる気がしています。



by musume2016 | 2019-02-18 01:10 | 博物館を楽しむヒント | Comments(0)

f0359911_20345760.jpg


「NO MUSEUM, NO LIFE」「はくぶつかんだいすき」の文字がプリントされたTシャツ。
ネイビーは110のキッズサイズもあり。オートミールは文字色に新色登場です。
NPO法人大阪自然史センターが運営する、大阪市立自然史博物館のネットショップでご覧いただけます。


by musume2016 | 2019-02-07 20:41 | グッズ | Comments(0)